TopArtistハラサオリ

Artist

ハラサオリ

ダンサー/美術家。ベルリン在住。
2012年よりベルリンを拠点として作家活動を開始。
デザイン、ビジュアルアートをバックグラウンドとして、「アフォーダンス」というテーマと共に即物的身体の在り方を探求している。
自身の身体を用いたパフォーマンス表現を軸に、テキスト、ドローイング、映像など複数のメディアを扱う。
近年ではダンサーであった実父との生別/死別を扱ったセルフドキュメンタリー作品「Da Dad Dada(ダダッドダダ)」を日本とドイツの二カ国で発表。
その静物的佇まいと動物的躍動感を兼ね備えた身体を活かし、他者による演出・監督作品へも積極的に出演している。
東京芸術大学デザイン科修士、ベルリン芸術大学舞踊科ソロパフォーマンス専攻修了。2017年度ポーラ美術振興財団派遣海外研修員。

テキスト:『不在との踊り方』(月間文芸誌「新潮」掲載/2018)、『Da Dad Dada』(エッセイ集/2018)

国内での振付・出演 : 原田知世『銀河絵日記』『Hi』、NHKハートネットTV『生きるためのテレビ』、大橋トリオ『The day will come again』、CRCK/LCKS 『スカル』『goodbye girl』、シアタープロダクツ『under』、“SHU UEMURA 50 YEAR ANNIVERSARY FILM”、ライアンマッギンレー監修カルティエフォトブック『With Nail & I』 、番場秀一監督作品など

halasaori.com

Program

Dance New Air 2020 Pre-performance Site-specific Series Vol.3 “no room”
November 2 Sat 16:00/19:00, 3 Sun 16:00/19:00, 4 Mon・Holiday 13:00/16:00
Noguchi Room, Keio University Mita Campus, Tokyo

Dance New Air 2020プレ公演 サイトスペシフィックシリーズVol.3
「no room」
2019年11月2日(土)16:00/19:00
3日(日)16:00/19:00 4日(月・祝)13:00/16:00
慶應義塾大学三田キャンパス 旧ノグチ・ルーム