TopProgram第4回『ダンスを撮る!』ダンス映像撮影ワークショップ

Program

コンテンポラリーダンス・プラットフォームを活用した振付家育成事業
文化庁委託事業「2020年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

『ダンスを撮る!』-第4回ダンス映像撮影ワークショップ-

近年、映像を撮影することが日常的になった。しかし日本では「ダンスフィルム」はいまだ一つのカテゴリーになっていない。ダンスを表現することの大きな転換期である今だからこそ、劇場で公演することとは違う観点でダンスを表現し発信することで、ダンサー、振付家の新たな活動となるベースを育成する。今回は参加対象者をダンサー・振付家に絞り、「    」と戯れるをキーワードにダンス映像を撮影することを通して「ダンスとは?」をより深く考察する機会をつくる。

 

■開催日時(全5回):
1日目 10月1日(木)19:00〜21:00
2日目 10月8日(木)19:00〜21:00
3日目 10月11日(日)13:30〜15:30
4日目 10月15日(木)19:00〜21:00
5日目 10月18日(日)13:30〜15:30

 

■講師:吉開菜央

 

■会場:オンライン上 
※お申し込み・お振込みが済んだ方にURLをお知らせいたします。

 

■参加対象:ダンサー、振付家(経験年数は問いません)。全5回参加できる方。

 

■定員:10名程度(人数に達した時点で募集を締切いたします)

 

■受講料:15,000円(税込) 
※一度納入された受講料の払い戻しは定員制の為、病気・入院などやむを得ない理由を除き応じられませんので、予めご了承ください。

 

■お申し込み 

>> 受講申し込みはこちらから

 

■その他、講義の為に準備いただくもの:
スマートフォン、スマートフォン用三脚、映像編集ソフト(推奨:Adobe premiere。ただしiMovieなどの無料編集ソフトの使用も可)
お香、お香立て、懐中電灯、動けるスペース二畳程度

 

■講座内容

〈1日目〉 「    」と戯れる

軽く身体をほぐした後に、様々な物体や光、空間、気配と戯れることを試してみる。

 

〈2日目〉 音、リズムを考える

1日目の課題で作成した映像を鑑賞し、「ものの質感」「気配」についてディスカッションを行う。その後、映像における音やリズムについて考察し、制作に反映させることを学ぶ。

 

〈3日目〉 音、リズムと戯れる

2日目で行った音とリズムの考察をさらに深め、効果音のようなものをつくったり、音の編集、音楽のようなものを作ることに挑戦する。

 

〈4日目〉 作品編集に挑む

これまで撮影した映像や録音した音を組み合わせてダンス映像作品を編集する。自分が踊りだと感じる感覚が映像を透して伝わるような作品を目指す。またそれぞれの考えるバリアフリー的な要素も加えてみる。

 

〈5日目〉 上映・講評

課題の作品上映と講評会。自分の作品を発表することで得られる意見を参考に、今後のダンス映像製作に活かす。
 
 
 

 

『ほったまるびより』監督:吉開菜央、音楽:柴田聡子、主演:織田梨沙

 

主催:文化庁、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
企画制作:Dance New Air(一般社団法人ダンス・ニッポン・アソシエイツ)

 

Artist