DANCE NEW AIR

about
performance
workshop
schedule
ticket
archive
access

TOPProgramDance Performances

家族という名のゲーム
世界初演

DNA 2016 オープニング ダンス三昧プログラム
伊藤キム/フィジカルシアターカンパニーGERO(日本)
『家族という名のゲーム』世界初演

公演日時
10月1日(土)13:00
10月2日(日)13:00 託児
受付開始 12:15 / 客席開場 12:45

会場
スパイラルホール

GERO流「身体という器に言葉をのせて動く」、家族に焦点をあてた最新作。モノ・ヒト・コトバが飛び回りながら、生々しい家族関係をあぶり出す。

【ダンス三昧プログラム】
日本のコンテンポラリーダンス界を牽引する3人のアーティストをフェスティバルのオープニングとして紹介します。
伊藤キムが2015年に立ち上げ注目を浴びたフィジカルシアターカンパニーGEROの2作目となる「家族」をテーマにした新作と、音楽と演劇、アートのジャンルと結びつき精力的な創作活動を続けているKENTARO!!率いる東京ELECTROCK STAIRSの新作、2011年の初演から国内外各地で発表し話題をさらった山田うんの「ディクテ」再演の3作品を同日に楽しめる贅沢なプログラムです。
作・演出:伊藤キム
出演:KEKE、後藤かおり、菅原理子、御厨 亮、八木光太郎
演出助手:山縣美礼
照明:三浦あさ子
音響:星野大輔(サウンドウィーズ)
舞台監督:原口佳子(モリブデン)
楽曲提供:Dill ほか

協力:横浜市神奈川区民文化センター

プロフィール

伊藤キム/フィジカルシアターカンパニー GERO
Kim Itoh/Physical Theatre Company GERO

「伊藤キム+輝く未来」を率いた振付家・ダンサーの伊藤キムが約10年ぶりに創作活動を再開するにあたって結成、2015年に活動を開始。「生身のからだ・コミュニケーション・ドキュメンタリー」をテーマとし、ダンサーや俳優からなるメンバーとともに、身体表現に言葉や声などの要素を組み込んだ独自の表現を追求している。関東圏内の活動にとどまらず、全国の文化拠点施設との連携をはかり、カンパニーの育成とともに各地域での舞台芸術の裾野を広げていく活動にも注力している。
http://gero.kim