DANCE NEW AIR

about
performance
workshop
schedule
ticket
archive
access

TOPProgramOutdoor Performances

DNA2016 プレイベント
屋外パフォーマンス
Sep.24 sat 16:30〜18:30
会場:元・こどもの城 前

Dance New Air 2016のプレイベントとして、元・こどもの城の前のスペースで繰り広げられる、子どもから大人までが気軽にダンスの楽しさに触れ、ダンスを身近に感じていただけるプログラムです。
 

16:30〜
Baobab
『Hear to STEP』

構成・演出・出演:北尾亘
出演:米田沙織、目澤芙裕子、久津美太地、傳川光留 (以上、Baobab)、 福原冠(範宙遊泳)、中川絢音(水中めがね∞)

主宰:北尾亘が全作品の振付・構成・演出を行う。土着的でリズミカルな独特の躍動感を持つ振付で、圧倒的な群舞を踊り抜くのが特徴。作品毎に打ち出される明確な世界観を、「時に喋り歌い 沢山笑ってたまに泣く」 パフォーマンス性の強い作品で注目を集める。2016年3月には、若手クリエイター12組を集めたコンテンポラリーダンスフェスティバル『DANCE×Scrum!!!』を主催。KYOTO EXPERIMENT2013公式プログラム上演。北尾は、トヨタコレオグラフィーアワード2012「オーディエンス賞」受賞、急な坂スタジオサポートアーティスト。

屋外パフォーマンス
©金子愛帆

 

17:00〜
タバマ企画
『ファンファーレ』

構成・演出・出演:田畑真希
出演:王下貴司、カスヤマリコ、酒井大輝、新宅一平、山下彩子
演奏:デジ、小林ムツミ

主宰・田畑真希の振付作品を軸として活動するダンスカンパニー。
滑稽なまでにガムシャラに、ユーモアを散りばめながら丁寧に時間を紡ぐ作風には定評があり、国内外で精力的に活動中。7カ国18都市にて作品を上演し好評を得る。
近年は様々な世代を対象としたワークショップを展開し、性別、年齢、経験、障がいの有無などの差異を超えて、誰もが楽しみながら出来る身体表現の促進を目指す。

屋外パフォーマンス
©松本和幸

 

17:30〜
Dance Theatre LUDENS
『1 hour before Sunset』より抜粋

構成・演出・出演:岩淵多喜子 出演:太田ゆかり、玉川みなみ、増田明日未、渡邊絵理

1999年岩淵多喜子により設立。以来、創作過程を重視したプロジェクト単位の活動を続ける。代表作として「Be」「Distance」「Against Newton」「Anonym」「1hour before Sunset」等。国内の他、ImpulsTanz、ADFをはじめとした世界中の主要なフェスティバル等にて作品を上演、各地で高い評価を得ている。「Be」にて横浜ソロ×デュオコンペティション【横浜市文化振興財団賞】【在日フランス大使館賞】、「Distance」にて【舞踊批評家協会新人賞】受賞。2000-05年公益財団法人セゾン文化財団より芸術創造活動助成を受ける。“LUDENS”はヨハン・ホイジンガの著書「ホモ・ルーデンス」に由来、Playful People −遊戯人−を意味する。

屋外パフォーマンス
©金子愛帆

 

18:00〜
崎山莉奈(カンパニーデラシネラ)
『11’27″』

出演:崎山莉奈 美術:石黒猛

石川県出身。幼少よりモダンダンスを始める。高校時代はhip-hopを習い、日本女子体育大学にてコンテンポラリーダンスを軸に活動。 卒業後、和栗由紀男に舞踏を師事。カンパニーデラシネラでは、白い劇場シリーズ『分身』『椿姫』『ロミオとジュリエット』に出演。 2015 年冬、小野寺修二が文化庁文化交流使を務めたタイ・ベトナムでのワークショップや作品発表に参加。2015 年度より『ペール・ギュント』『気づかいルーシー』『グッドバイ』などの小野寺修二の振付助手を務める。 ソロ作品では、出身地である石川県金沢での「Ishikawa Dance Festival」(2015)、「HOKURIKU DANCE FESTIVAL in 石川」(2016)に出演した。

屋外パフォーマンス