TopProgramn o w h e r e

Program

湯浅永麻 × 大平貴之『 n o w h e r e 』

 

2020年12月24日(木)〜27日(日)
スパイラルホール(スパイラル3F)
2020年に世界中を巻き込んだ試練は、パフォーミング・アーツの存在意義を見つめ直す機会となりました。
人と人、国と国、ジェンダー、人種、民族、宗教の問題、そして生と死について。
これまでも私たちの目前に数多の問題がありましたが、新たな先行きの見えない状況は驚くほどの勢力で私たちを阻んでいます。
しかしながら、全世界に同じ問題が降り掛かったこのタイミングこそ、新しい芸術・表現が創生される時なのです。今こそ、これらに向き合い、作品を通して社会に強いメッセージを発信してきたアーティストが活躍する時なのです。
100年後、300年後、500年後の人々が2020年を振り返った時に大きな転換点として示されることを志し、Dance New Air 2020→21はこの貴重な瞬間のダンスを世界に発信します。
この年末、Dance New Airは様々なボーダーの問題を自身の表現に織り込んできた湯浅永麻によるプロジェクトから派生した作品を上演します。10代から海外で様々なバックグラウンドを持つダンサー・振付家たちと協働してきたことが、彼女の表現に強い信念を与えています。
プラネタリウムマシーン「MEGASTAR(メガスター)」が映し出す何百万もの星々が奏でる時間は、太陽や天気、人工の光によって目に見えないだけで、常に私たちの360度ぐるりと存在していることを気づかせてくれます。
それは「どこでもない場所(nowhere)」であり、その反面「今、まさにここに(now here)」という地点でもあります。
壮大な宇(そら/コスモス)と悠久な宙(時間/過去・現在・未来)の間に在る2人の女性の「今」を見て、眩い宇宙と忙しい日常という2つの「現実」の狭間に在る私たち一人一人の「今」に目を向けてみてください。
それは人の数、存在する物の数だけあります。
無数の星のようにー
 

新型コロナウイルス感染症予防対策に関するお願い
本公演は適切な感染予防対策を行います。
・ 37.5度以上の発熱や風邪、味覚、嗅覚障害の症状等、体調の優れない方はご来場をお控えください。
・ ご来場の際は必ずマスクを着用願います。着用されていない場合はご入場いただけません。
・ 今後の状況によっては、プログラムの開催が変更・中止になる場合がございます。当日の状況につきましては事前にホームページにてご確認ください。
・ 開演直前はロビーが混み合いますので、お時間には余裕をもってご来場ください。お荷物はお預かりできませんので、最寄り駅などのコインロッカーのご利用をお願いいたします。

会場運営について
本公演は港区の指導の下、運営しています。
・スタッフはマスクのみで対応いたします。
・チケットの半券はスタッフが確認した上でもぎります。手袋は衛生面で問題あると指導されている為しっかりと手指消毒したスタッフによって行います。

 
 

パフォーマンス
2020年
12月24日(木) 18:30 door open 19:30 performance start
  25日(金) 18:30 door open 19:30 performance start
  26日(土) 14:00 door open 15:00 performance start
  27日(日) 14:00 door open 15:00 performance start
※メガスター空間はパフォーマンスが始まる1時間前からご覧いただけます。
 
アフタートーク
12月26日(土)
湯浅永麻、大平貴之、柿崎麻莉子 
ゲスト:中野信子(脳科学者/医学博士/認知科学者)
 
会場:スパイラルホール(スパイラル3F) 東京都港区南青山5-6-23
 
チケット情報はこちらから
 
演出・出演:湯浅永麻
出演:柿崎麻莉子
空間プロデュース:大平貴之

映像:湯浅永麻、遠藤豊(LUFTZUG)、大平貴之
メガスターオペレート(大平技研):田中遥香、福島由幸

舞台監督:原口佳子
演出部:小野哲史
照明:田代弘明(DOTWORKS)
音響:浮岳厚(株式会社ストーリー・レーン)
映像技術:岸本智也
宣伝美術:太田博久
ウェブサイト:大須賀政宏
記録撮影:ユーリア・スコーゴレワ
記録映像:山城大督

Dance New Air
チーフプロデューサー:宮久保真紀
プロデューサー:平岡久美
スーパーバイザー:小林裕幸(スパイラル)、小野晋司
制作:岩中可南子、藤田恵利
当日運営:山口麻里菜、山下桃子、向坊衣代

スパイラルホール
廣澤隆也、藤本茂寿、野村秀一、速水綾香、岡村純平
宮路彩歌(照明)、大塚之英(照明)、小山達也(舞台機構)、高橋邦朋(舞台機構)
 
 
主催:Dance New Air実行委員会、株式会社ワコールアートセンター、有限会社大平技研、一般社団法人ダンス・ニッポン・アソシエイツ
共催:港区(令和2年度港区文化プログラム)
協力:Dance Base Yokohama
 
Special Thanks
LUFTZUG、world’s end girlfriend、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、城崎国際アートセンター(豊岡市)、Xhiasma実行委員会、スタジオアーキタンツ
 
 
 
 

メッセージ

本公演をご覧になる方々へ

私たちは奇跡と呼ばれる地球で奇跡の確率で生まれいつかは死を迎えるという『現実』を知っていますが、毎日の生活という『現実』をこなす中ではそれは霞みがかってしまいます。
2020年、私はまさに立ち止まって空を見上げて、満天の星空に気づく様な時間を過ごしました。
それは、自分の居られる場所、日々の微妙な移り変わりに目を向ける中で、遠い大切な人達を想い、世界中で起こる様々な出来事などに、一人の人間としての視点から、今何処に在って、何に影響されてどう自分が突き動かされるのかを強く見た日々でした。

 大きな流れの中では、屑のような毎日の些細な事に翻弄される私たちは、
 愚かだが同時にその一瞬一瞬を愛しく思う事も出来る
 私と柿崎麻莉子さんのそれぞれの小宇宙で流れる時間での『今』の位置
 n o w h e r e 
 それは全く違う『現実』で、人の数、存在する物の数だけそれはある
 無数の星のように

湯浅永麻

 


 
僕はこの場所で、天文学の話をしたいわけではない。
ただ「宇宙に無数の星がある」というシンプルだけど深淵なメッセージをよどみなく伝えたい。
宇宙のスケールの大きさ、膨大な星がひしめく銀河宇宙の中で私たちはあまりに小さな球体に佇んでいること。
他の誰かを常に探しているが見つからないこと。未来も知ることができないこと。そして孤独な事。
もし宇宙で誰かを見つけることができたら、時間と空間の両面で閉ざされた私たちは、ここから出ることができるだろうか?そしてそもそも我々はどういう存在なのか?このことを自身に問いかけてもらいたいと思う。
私は、「個人」というものを「地球」という存在に置き換えてもいいと考える。
個人=惑星。
来場者ひとりひとりが、地球という個人に成り代わって、宇宙の深淵に耳を澄ませ、誰かの声を聞き分けるような感覚が描けたらと思う。

大平貴之

 

 

プロフィール
MEGASTAR
プラネタリウム・クリエーター、大平貴之の個人開発によって生み出された超高精細な星空を投影できる移動型光学式プラネタリウムシリーズ。それまでぼんやりとした雲のように表現されていた天の川を、世界で初めて、一粒一粒の星の集まりとして映し出すことに成功(最小の星で7/10000ミリメートル以下)。人間の視力では見分けられないけれども、確かにそこに存在して輝いている小さな星の一粒一粒。そのようなかすかな存在までをも忠実に映し出すことによって、本物の星空が持つ奥行きと広がりの再現を可能にした。世界13ヶ国の施設に設置されているほか、ミュージシャンとのコラボや美術館でのインスタレーションなども多数行っている。
https://www.megastar.jp

 

湯浅永麻(振付家・ダンサー)
ネザーランドダンスシアターに11年間所属後フリーとなり、マッツ・エック、サシャ・ヴァルツ、向井山朋子などの作品に出演するなど国内外で活躍。渡辺れい・小㞍健太と共同でOpto、シディ・ラルビ・シェルカウイ率いるEASTMANに所属。XHIASMA projectを2018から開始し、振付家としてジャンルの違うアーティスト達とのコラボレーション作品を発表しつつ、演劇への出演など、クリエーター、パフォーマーとして活躍の場を拡げている。第13回日本ダンスフォーラム賞受賞。Dance New Airでは、Dance New Air 2018プレ公演サイトスペシフィックシリーズvol.2『enchaine』を六本木の国際文化会館にて発表。
https://www.emayuasa.com

 

柿崎麻莉子(振付家・ダンサー)
L-E-V Sharon Eyal|Gai Beharに所属し、世界ツアー中。公演活動と並行して、世界各地でワークショップ指導をおこなう。元新体操選手。元Batsheva Ensemble Dance Companyダンサー(2012-2014)。2011年韓国国際ダンスコンペティション(KIMDC)ダンサー金賞受賞。2013年度香川県文化芸術新人賞受賞。2014年Israel Jerusalem Dance Week Competition受賞。2020年日本ダンスフォーラム賞受賞。ダンサーとしてパリコレに出演(Dior 2019ss)する他、モデル、執筆、MV・映画の振付など。
https://mari-kaki.amebaownd.com

 

大平貴之(プラネタリウム・クリエーター / 大平技研代表取締役)
大学3年時に、個人製作は不可能と言われていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。ソニー(株)に就職後も製作を続け、 1998年に従来の100倍以上にあたる150万個(完成形は170万個)の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表。2004年には日本科学未来館に設置した、「MEGASTAR-II cosmos」(投影星数560万個)がギネスワールドレコーズに認定された。2005年、(有)大平技研設立。ネスカフェ・ゴールドブレンドのTVCM に「違いを楽しむ人」として出演。国内外へのMEGASTAR 設置のほか、イベントプロデュースや音楽、アートとのコラボなどを積極的に行い、プラネタリウムの新機軸を確立。セガトイズと共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」シリーズは世界累計130万台(2020年1月時点)を超える大ヒット商品に。2016年、シリーズ初のパーソナルユース向け超小型投影機「MEGASTAR CLASS」を発表。2018年、直径500m級の巨大ドームに投影可能な「GIGANIUM(ギガニウム)」を開発し、2019年にはメットライフドームにて約1万人が同時鑑賞した史上最大プラネタリウムを実現した。信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。
https://www.megastar.jp

 

トークゲスト
中野信子(脳科学者/医学博士/認知科学者)
1998年 東京大学工学部応用化学科卒業
2008年 東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了
2008年 フランス国立研究所にて博士研究員として勤務
2010年 帰国。研究・執筆を中心に活動
2013年 東日本国際大学客員教授、横浜市立大学客員准教授に就任
2015年 東日本国際大学教授に就任
現在、脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行っている。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。
http://www.bigbenn.jp/wp/clients/nobuko-nakano/

 
 
 

 

Dance New Air 2020→21 関連企画

『Stilllive』
「スティルライブ」はアーティストの小林勇輝によって設立された、パフォーマンスアートを主体としたプラットフォーム。オープンなアーティスト・ネットワークとして活動する「スティルライブ」は現代に応答するパフォーマンスアートの創作を促す環境の構築を目指しています。
2019年、ゲーテ・インスティトゥート東京で開催したワークショップ・パフォーマンスシリーズに続き、今回 Contact Contradiction をタイトルに3日間にわたるプログラムにおいて、ワークショップとパフォーマンスを通じてコロナ禍が人々の関係性と身体表現に及ぼす影響を検証していきます。

12月13日(日)13:00〜19:00 予約制
https://goethe-stilllive.peatix.com/
会場:ゲーテ・インスティトゥート東京
参加アーティスト: 小林勇輝、乾真裕子、佐野桃和子、敷地理、関優花、たくみちゃん、武本拓也、浜田明李、ハラサオリ、中嶋夏希、仁田晶凱、野崎真由
制作・運営:権祥海

助成:小笠原敏晶記念財団、文化庁令和2年度活動継続技能向上等支援事業費助成金、東京藝術大学
協力:ゲーテ・インスティトゥート東京、Dance New Air 2020->21
 

 
ダンス保育園!!
子育てをしながらアクティブに創作活動を続けるアーティストと、子育て中も芸術鑑賞をあきらめないオーディエンスを応援するプラットフォーム。振付家やダンサー、演出家、俳優、音楽家、建築家、デザイナー、美術作家などが、子どもとおとなが一緒に身体表現に親しむワークショップと、誰でも観覧自由のパフォーマンスを全国各地で展開する。2016年発足以来、ダンスフェスティバルや芸術祭、公共ホール、美術館、お寺、公園などと連携したイベントを開催してきた。現代の社会に活気や治癒、示唆をもたらすアートの力を信じ、創造性豊かな教育環境づくりと多様な観客層の育成をめざしている。本年より自宅や公園、保育園などで体験できる新作動画プログラムを発表。

新作動画配信(12月24日より順次公開)
ダンス保育園!!YouTubeチャンネルからご覧ください

●各章タイトル
篠崎芽美とダンス保育園!!ダンサーズ
 1章「あいうえおどろうみんなのダンス」
 2章「スカート」
 3章「少年と犬と怪獣とお姫さま」
青山悟 「ブルーインパルス」
南辻史人「ピンポン」

振付・演出・出演:篠崎芽美
演出・美術・撮影・編集:青山健一
音楽:国広和毅
出演:梶原未由、眞嶋木綿、山本芙沙子
映像作品:青山悟、南辻史人
舞台監督:片岡陽太
衣装:稲村朋子
ヘアメイク:佐竹静香
小道具・子守:茶木真由美
プロデューサー:住吉智恵、宮久保真紀
制作:松島さとみ、青木祥子

助成:
公益財団法人アサヒクループ芸術文化財団
公益社団法人企業メセナ協議会
協力:
曹洞宗萬亀山東長寺

Artist