TopProgramハラサオリ『Da Dad Dada』

Program

ハラサオリ
『Da Dad Dada』

1960年代にミュージカルダンサーとして活躍した実父、原健にまつわるリサーチをベースに、「不在」をテーマとして制作したセルフドキュメント・パフォーマンス。
2017年ドイツ初演。ハラの活動が注目を浴びるきっかけとなった意欲作のリクリエーション。
公演日時
10/30 Sat 18:00
10/31 Sun 15:00
上演時間:約60分
会 場
草月ホール
日本が初めてオリンピック招致国となった、昭和の高度経済成長期。そして、その華やかな時代の一端を担った一人のダンサー、原健。ハラサオリは彼と血の繋がった関係にありながら、実質的には他人同士として、ほとんど会うことのないまま長い年月を過ごしていた。2015年、二人は約20年ぶりに再会、しかし直後に父は急逝。その出来事をきっかけに、ハラはダンサーとしての父に興味を持ち、リサーチを開始する。本作でハラは父と自らの存在/不在を対象化し、多層的視点から私的な記憶を解体、シアターピースとして再構成することを試みた。
演出・構成・出演:ハラサオリ(原沙織)
声の出演:原健

舞台装置:阿部真理亜、女屋理音、鈴木春香、鈴木夢生、遠井公輝、中村瑞乃、望月寛斗、吉﨑裕哉
音楽:ハラサオリ、クリストフ・シャルル
映像:ハラサオリ

照明:岡野 昌代(PICOLER)
音響:牛川紀政
映像テクニカルサポート:須藤崇規
舞台監督:原口佳子
制作:武田侑子

引用:『アスファルト・ガール』© KADOKAWA 1964 / 大映東京撮影所製作(振付:ロッド・アレキサンダー)

Artist